2018/04/03
最終更新日:2018/04/20

人生を変えたい!方向転換は40歳までに1度はやっておけ!

人生の転機、方向転換
Pocket

人生の方向転換。
こう聞くと、一大事みたいに思えますよね。でも、一大事なんです。

しかし、一大事は若いときにはあまりないんですね。
若いときはパワーと思い切りがあるので、なんでも思い切った行動ができます。

方向転換というのは、人生の転機を活かすことです。
転機は人生の中で何度でもやってきます。転機に動く人は圧倒的に30歳前後~40歳くらいが多いです。
そしてベストなタイミングだとも言えます。

そう、40になるまでに1回やっとけ!
というのが、今回のテーマです。

スポンサーリンク

なぜ、20代ではなく30代からなのか

30代からの年代は、だいたいの生活スタイルや仕事スタイルが確立されてきている年代です。
そして、今後のだいたいの将来の見通しも想像できるくらいには、社会経験を積んでいて、経済の状態や自分のキャリアの将来像もだいたいわかっています。

そして、一番思い悩む年代でもあります。

色々なものがのしかかってくる年代なのです。
両親の老後、結婚、子供、家のローンなど、20代よりももっとたくさんの責任や心配事が発生します。
そして、マンジリともしながら、または決意を決めて、毎日働いて頑張るのが大多数の人たちです。

さて、方向転換とは仕事を変えろといっているのではありません。
しかし、30代~40代をただ仕事と家庭や生活をこなすだけで費やすと、大きな可能性を逃すことになります。

30代はあっという間です。仕事に生きると、思い出は仕事ばっかりになります。
ここで何かにトライできた人は、その後の人生が違います。

仕事と生活だけの人生から、少し何か1つを抜け出すこと。
それが、自分の人生のキーになるのです。

それは、ちょっとした副業でもいい。
たとえば、ずっと忘れていた趣味でもいい。
家族にずっと連れていくと約束してたことを、これからは守ることでもいい。

人生の指針をきちんと決めて、実行していくことが、この年代には一番大事なのです。
それは人生の中だるみに新しいエネルギーを注ぎ、変化を起こす波のようなもの。

きっかけを逃さずチャンスに変えろ!

転機を意識するのは、だいたい何かが起きたときです。
たとえば、仕事をクビになった、部署が異動になった、病気になった、結婚した、など。

良いことでも悪いことでも、付随する条件が変わることで他の面でも変化が起きます。
良いことが起きても、その分何かを失ったり、変更せざるを得ない状況なんてよくあります。

そして、人は苦しいときや、行き詰ったときに自分について深く考えるようになるものです。

この時期を悶々と悩むだけで過ごしたり、落ち込んで過ごしたりするだけで終える人はチャンスを逃しています。
何かが変わった、自分が変わった、状況が悪くなった。

そう、今が転機なのです。

「何を変えるべきで、何を維持すべきなのか」
「本当は何をしたいのか」
「大事な何かを忘れていないか」

自問自答することで、答えはゆっくりと、でも確実にいつか理解できるときが来ます。
ただ、人生を生きていくだけでは、あなたの本当の望みは心の奥にしまわれたままで、忘れ去られてしまいます。

思い出すことが必要なんです。
あなたが、どう在るべきなのかを。どう在りたいのかを。

あなたの運命は、あなたを探しています。
「一体、どこにいるんだ? 待ち合わせの場所にいないじゃないか!」
そう怒鳴りながら、運命はあちこちあなたを探しています。
迎えに行こうと住所を頼りに家にいってみたら、そこは空き家であなたはいない。
あなたは違う場所に住んでいるのです。

これは、「OSHO」という方の本にあったエピソードです。

その人は映画を作る人であったかもしれないのに、会計士になっている。
その人は、教師になるべき人なのに、工場で働いている。
あなたはそこにいない。

そうならないために、転機は何かを伝えようとしています。その声を聞いてみてください。

不安を捨てろ。すでに保証なんてない時代だ!

転機かもしれないと思ったときに、不安から動けない人が多くいます。
「もう遅すぎるんじゃないか・・・」
「こんな年齢から始めても」
「お金もないし、時間もないし」
言い訳は不安から来ています。でも。来年になっても状況はおそらく変わっていないでしょう。

だから、今、やったほうがいいです。
そして、全然間に合います。

しかも、何か必要なものがあれば、あなたが変わることを決めたのなら、道が開けたり、助けが現れます。もし、助けも道も現れなかったら、選択を間違えているか、あなたにまだ迷いがあるかのどちらかです。

不安や現実的な問題にとらわれすぎて、本質を見失うと、正しいことがわからなくなります。
でも考えてみてください。 不安にならないほうがおかしいです。
今はもう、未来が保証されている時代ではない。

不安はそれ自体には意味がなく、ただの感情です。
それと、あなたが動くことは全く別物です。

不安を持ちながら、歩いてください。
大丈夫、持っていけます。そして、気づいたら、なくなっていたりするのです。
今が一番、早いときです。

何かを探してください。あなたの「何か」は何ですか?

Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。