2018/04/18
最終更新日:2018/06/17

年収平均は意外と低い!これから年収を上げるには2つの方法を取れ!

年収が低い
Pocket

年収が低い・・・お金がない・・・給料が上がらない。
今や多くの人がこう思っています。

テレビやネットで高い年収の話を聞くと、
「俺(私)そんなに年収ない・・・。」と落ち込みませんか?
私もその一人です。

「どうやったら、そんなに稼げるんだよ!!」
って、思いますよね、ええ。

しかし、実は全国民の平均年収は意外と低いんです。
公的な調査によると、全国の平均年収は415万円だそうです。

私の年代の例ですと、以下の通りです。
(男性)30代前半446万円、30代後半500万円
(女性)30代前半300万円、30代後半293万円

ここでも、こう思いますよね。
「そんなに稼いでないよ!!泣」

でも、口コミだとこういう声も多いんですよ。
・新卒の妹の手取りが11万5千円でビビった。
・東京の大卒の手取りが17万円ってひどくない?
・金属10年の31歳彼氏の手取りが18万円と知ってショック。
・女性30歳の手取りが20万円
・結婚予定の彼が手取り20万。東京で手取り20万では暮らしていけない。考え直すべきか

今やワーキングプア(年収200万円以下)の増加が社会問題になっているくらいですし、実際年収300万円の人は全体の4割にものぼり、これからもその数は増え続けていく見込みだそう。

年収が400万円もあれば、実は「富」のレベルに入るのだという事実。(「富」といっても一番最下層になるのですが)

ただ、ここでは詳しくふれませんが、低所得者は社会でいろいろな部分で優遇されています。

所得税・住民税・健康保険・年金など、所得に応じて金額が変わる社会制度では年収が多いほど負担は大きいので、低所得者は免除や減額、生活保護制度があるなど、そこで全体の富の差を調整しているということです。

さて、ではそんな低所得者層のわたしたちが年収を上げるには?

スポンサーリンク

年収を上げるには、2つの方法しかない

今の世の中では、ただ働いていても給与は上がりません。
上がったとしても、毎年ではなく数年間に一度くらいです。

しかも、その額は月1万円程度が増えるくらい。

ぶっちゃけ、IT系、マーケティング系、コンサルタント、WEBデザイナー、プログラマーなどを除いて、サラリーマンの未来は給与面で明るいとは思えません。

もう、耐え忍ぶ社会生活を65歳まで送るのが目に見えます。
年収を上げたいと思うなら、以下の2つの方法を試すべきです。

副業でお金を稼げる方法を考えてみる

いまや、ネットの検索で「副業」というキーワードは、検索ランキング上位にランクインします。

それほど、多くの人がお金を得る方法を探し求めているということです。
つまり言い換えれば、収入に満足していない人がたくさんいるということ。

しかし、副業を始めても実際のところ本当に稼げる人は一握りです。
それは何故か。副業にそこまで力を入れることができていないからです。

副業で成功するという人は、多くの時間と忍耐を投資しています

事実、メインの仕事以外に寝る間を惜しんででも、副業に関する時間を割いています。そして、最初は結果が出なくても、落ち込みながらも続けることを止めない忍耐力が必要です。

しかし、月に3000円くらいであれば、1日1時間をかければ稼げるようになります。

実際に言うと、私は楽天ポイントやTポイントで毎月3000円くらいは獲得して、それを買い物に使っています。

楽天カードは、給与振込や光熱費や携帯代の引き落としなどでポイントが毎月貯まりますし、アンケートやポイントサイトもあるので、 お小遣い稼ぎの各種ポイントサイトを登録しなくても楽天内でポイント稼ぎが可能です。メールを開くだけでポイントが貯まるサービスもありますよ。
年会費永年無料の楽天カード

ポイントサイトでお小遣い稼ぎも、隙間時間にポチポチ作業すれば、1000円くらいならコツコツ獲得できます。

他にも、クラウドソーシングサイトの大手「クラウドワークス」などで、今やクラウドソーシングは簡単に始めれます。文章を書くのが好きだとか、単純なタスク作業を1日1時間くらいすれば、1ヶ月1000円~3000円は努力なく稼げます。
クラウドワークス

「え?それっぽっちしか稼げないの!?」と思いますよね?
はい、そうです。

片手間にたまにやる程度だと、そんなもんです。
私の経験談で間違いありません。

ただ、ものすごく稼ぐ人も稀にいます。

たとえば、働いてない主婦の人が「クラウドワークス」で毎日5~8時間作業して、実績を作った後に定期的な仕事を得るようになり、1年後には月収30万円稼いでいるケースもあります。
これは非常にうまく行ったケースであり、地道にコツコツ作業するのがご本人の性格に合っていたのでしょう。

しかし、私が信用できる例としては、メインの仕事を週3日働きながら副業として「クワウドワークス」でどこまで稼げるかを試した男性の体験談で、1日5時間を投資して、月に7万円稼いだというものです。

しかし、1日5時間で月7万円だと、時給はおそろしいほど低くなりますので、現実的ではありませんよね。

ですので、副業を目指すのであれば、正攻法は「人が持っていない自分が自信を持って提供できるスキル」を、
個人的に周知して仕事を受ける⇒口コミで広がり最初の顧客獲得⇒徐々に増やすというコースか、

社会で今もっとも必要とされるスキルを得てから、
フリーランスに転身して、営業⇒顧客獲得という流れが正攻法です。

そして、最後におすすめするのは、長い目で見て1年~2年の忍耐力を持って、ネットで副業として紹介されている以下をスタートする方法。

これは忍耐と時間との闘いですが、本当に努力すれば大きな金額を稼ぐことも夢ではありません。

実際に、月収が100万円を超える人はゴロゴロいます。
・ブログで広告収入を得る道
・アフィリエイトサイトで収入を得る道
・FXなど投資で収入を得る道
・転売やオークション、メルカリなどで物販、ドロップシッピング(通販のサイト立ち上げ)、
ネットショップ、など

ただ、そこまで本格的に副業をする覚悟がないなら、すぐにはおすすめしませんので、次に紹介する一般社会で給与を上げる方法を狙ってください。

社会的ビジネススキルを上げる、または獲得して、転職かフリーランスへ

現在、普通に働いている人におすすめなのは、副業よりもこちらです。

お小遣い稼ぎなら副業をちょっとかじってみるのでもいいですが、
これからは人生100年時代。
長い目で見て年収を増やすには、前述の副業で数年後の別の収入口を確保するか、こちらで紹介する「新たなビジネススキルの獲得」しかありません。

最初に言いましたが、ただ働いているだけでは年収はほとんど上がりません。

なので、ビジネススキルを上げるしかありません。
それも、会社に交渉できる、または転職で売り込めるスキルです。

例を挙げてみましょう。
・受付嬢なら「秘書資格」を取る⇒英語を勉強して米国上級秘書資格(CAP)が最高
・外資系や英語が出来るとプラスになる仕事なら、TOEICの高得点取得を目指す
・IT系なら、プロジェクトマネジメント資格など
・証券会社なら、CFA Institute が実施するCFA試験など
・事務職ならMOS資格など、PCの資格を取る
・外国語は今後も需要が高い(英語以外も韓国語・中国語は関西で求人が多い)
・思い切って看護学校に通い、看護師資格看護師の求人は引く手あまたです

外国語の習得は、これからまだまだ重宝されるスキルです。

私も英語の勉強は続けていますが、英会話スクールは敷居が高く、通う時間もないし、高そう・・・とイメージで敬遠してしまいます。
格安のスクールに行ったことがありますが、英語がまったく話せないので、楽しくなくて足が遠のきました。

今は英語勉強アプリをすごく重宝しています。ずっと聞き続けると、単語とか文法ではなく気に入った会話は丸暗記できちゃうんですよね。
その引き出しを増やしていくと、テキストの勉強でも「あ、このフレーズは知ってるわ」と楽しくなります。

今は良いアプリがたくさん開発されてるので、試してみてはいかがでしょうか。
こちらの記事でいくつか紹介しています
【関連記事】英語の勉強に英会話教室はもう古い!

ちなみに上記には書いていませんが、高卒の人は短大や大卒の資格を取得するのも大きな意味があります。
会社によっては、学歴で初任給が違う会社はまだまだありますし、もし、外資系だったり海外転勤がある仕事なら、学歴は海外では最も重視されるものです。

大人になってからでも、学士資格は取れます。

私自身も30代後半に大学の学士資格を取るために通信制の大学に入学しました。4年間という長い道のりですが、それを活かして40代半ばまでには、希望の業界へ転職する予定を立てています。

こういった資格が本当に昇給につながるのか?
、という疑問に関しては、こう答えます。
「そこまで頑張ったのだから、会社に売り込め!売り込めない会社なら辞めて転職すべし!」

資格を取るのは、簡単ではありません。
とくに上に挙げた資格は海外でも通用するようなレベルを取り上げましたので、かなり勉強が必要です。それを取得できたのなら、自信がつくのは当たり前。

会社に交渉したり、それに関連する部署や仕事を任せてもらえないようなら、転職すれば確実に給与が上がる可能性が高いです。

そう、これからは会社の言うことを聞いて働く機械でおさまっている人よりも、会社と交渉できる人間が勝ち組の道を進む時代なのです。

そして、スキルを獲得するほど、自信は上がります。
自分の価値を高く見積もれるようになるんです。

あとは、それをどう社会に売り込むかです。

こちらの関連記事もどうぞ
エキスパート・ゼネラリストを目指せ!

転職の理由は実は「給料の安さが最多」

ここでもぶっちゃけますが、何も準備をしないままの安易な転職はおすすめしません。

「給料が安いから」「人間関係が」など、一番に思い浮かぶ理由で転職しても、転職先も似たようなものになります。
なぜ、ここまで言い切れるかというと、転職を繰り返しての実感です。

ただ、一つだけ例外があります。
それは、覚悟を決めた場合です。

「もう、企業することにした」
「どこ行っても同じだったら、もうやりたいことをする」
「会社に期待するのは諦めた。会社以外で副業にトライする!」
「お金の豊かさを求めるのは辞める。人生の充実を第一に田舎に引っ越すことに決めた」

こういった大決断をしても、覚悟がなければ失敗します。
でも、本気で決心すれば、未来は確実に変わります。

未来にたとえ年収が上がらなくても、自分で決めたことをやれているという満足感が、結果的に金銭ではない人生への充実感を与えてくれるからです。

なので、転職するなら自己分析をした上で臨む必要があります。
スキルを活かせること以外に、最低限下記のような事柄を改めて見直してください。

1.「自分が一番ストレスなくこなせる業務とはなにか」
業務とは職種とか業種ではありません。もっと小さなことです。
たとえば計算が得意だとか、服が好きだから服に囲まれてれば退屈しない
だとか、人とあまり関わらずPC作業をコツコツやるのがいいとか、
そういったことです。

2.「実は本当にやりたいことを、心の底にしまいこんでいないか」
これは、実は本当はあきらめきれない夢や仕事があるのに、社会的理由や
経済的理由でトライしていない場合には、どこへ行っても満足感が得られ
ない場合があります。あきらめきれていないからです。

ですので、いきなり収入も得れる確信がないのに仕事を辞めて、新たな道
へ進むのはおすすめしませんが、その道に役立ちそうな何かを始めることは
全力でおすすめします。

それを突き進めていったときに、情熱を持って続けていけるならその道が
向いているということであり、続けることで道が開けたりします。

うまくいかなかかったり道が開けないのは、トライしてさえもいないか
続ける忍耐がなかっただけです。

3.「現在の仕事の生活スタイルと自分の体に合った生活スタイルがかけはなれている」
これは体を壊した人に多く見られますが、体力がないのに体力仕事は向いていません。自分の時間が十分にないと精神的に落ち着かない人は、終電まで残業がある仕事はストレスが溜まるだけです。

子供の頃から夜型体質なのに、早朝からの仕事をしているといつか体を壊します。

人と関わるのが苦手な人は接客業に向いてはいませんが、人とのコミュニケーション力が低いと社会で損をします。

人が苦手な人は、仕事以外で人と関わる訓練をするなど、自信をつけストレスを感じにくくするような対策をすることをおすすめします。

副業か、スキルUPか

さあ、あなたはどちらの道を選びますか?

目先の数か月ではなく、長い目で3年5年10年スパンでじっくり考えてみてください。

考えるか、考えないかで10年後は天と地ほどの差が出るのは間違いありません。

動き出すか、このままで行くか。
確実に動き出すことをおすすめします。

収入が増えるのを待つ時代は終わりました。
収入を増やすためにできることをして、10年後に満足の行く自分がいることを想像してください。今から動かないと必ず後悔します。

まずは、考えること。思考からすべては始まります。
そして、動き始めること。動き始めると、運命さえも動き始めます。

この時代を生き抜くわたしたちは同士に違いありません。
私も今、小さな部屋で望みを叶えるために、収入0円の作業を毎日こなしています。

私にも、あなたにも、変化がおとずれることを願っています。

Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。