2018/04/20
最終更新日:2018/06/17

英語の勉強に英会話教室はもう古い!私がおすすめする勉強法はコレ

Pocket

こんにちは!南カレンです。
「今後の社会は多くのスキルを持つものが制す!」なんて別記事で高らかに宣言している私。

「で、実際にお前は勉強しているのか!?」
はい、その疑問に答えるために今後は自分の経験談の記事も増やしていこうと決意した次第です。

さて、英会話に関しては、私は実はまだ素人です。

ただ、仕事で海外の方とやり取りした経験(単語と簡単なフレーズだけで)と、大学で英語の単位を取らなければいけないという事態に直面して真面目に勉強している中で、思っていることを今回書いてみます。

さて、英語が話せるようになりたいと一度も思ったことがない人はおそらくいないですよね?

今や外国人を街で見かけない日なんてありません。
英語を耳にして「おぉ、英語だ!」と思ったり、英語を話している日本人を見て「すごいな」と心の中で思ったり、あなたもありますよね?

オリンピック開催まで、そしてその後も日本への旅行客は増え続けると思います。 「おもてなし」を実践する機会は、増え続けるハズと私は見込んでいます。

しかも、これからはもっとグローバルな時代、今の子供たちの英語教育もどんどんレベルUPしています。 大人が負けてはいられません!

仕事がない・・・なんて嘆いている方にも朗報。
英語ができれば、仕事、ありますよ。

今現在、関西圏では、英語・中国語・韓国語ができる人は接客業で優遇されます。

スキルは多いに越したほうがいい。そして、仕事で疲れているため時間が取れない中、勉強を続るために、私が思う方法と、使えるサービスをご紹介します!

スポンサーリンク

英語に抵抗がなくなる方法は、やっぱり1つだけ

これは、どんなサイトにも書いてあることですが、私もコレに尽きると思います。

アウトプットする=つまり「話す機会があることで、慣れる」

本当にね、他に方法があればいいんですが、
もう圧倒的にコレが王道です。

たとえば、留学した人は2年くらいで、日常会話はできるようになっていますよね? それを日本にいるままでマスターするには、やっぱり日本の中でも話す機会を作るしかないんですよね。

しかし、実際話す機会なんてあるか?
と、私はずっと思っていました。いや、ないんですよねマジで。

だから、みんな英会話学校に一度は通うのかもしれません。

かくいう私も英語を習いに行っていた時期があります。
といっても、有名な英会話スクールではなくて、知人のアメリカ人が個人でやってる小さいスクールでした。

個人で小さくやってるだけだったので、すごく安くて「1回1時間2000円」、かつマンツーマンだったので気楽でした。
しかし、英語が上達したかというと・・・・

まったく、全然、上達しませんでした。
教科書に沿って、基本的な英語をおさらいしましたが・・・全く意味がなかったです(友人ゴメン)。

そう、学生時代の英語の授業とか、一般的な英語の勉強の仕方では、英語は上達しません。

英会話スクールで英語をマスターしたという人がいるなら、それは相当のやる気があって覚悟もあって、授業以外に自主勉強を相当されていると思いますよ!
間違いありません。

「じゃあ、やっぱり相当な覚悟がないと上達しないんじゃん」
って声が聞こえそうですが、う~ん。やはりある程度話せるようになるには、やる気と覚悟は必須です。

しかし、英語に慣れて、外国人に道を聞かれても、同様せず答えられるレベルっていうのは、可能です。 英語に慣れ親しむことができ、よく出る単語を覚えて、よく使う言い回しさえ暗記すれば英語は怖くない。

そう、英語に取っかかるのに、英会話スクールは必ずしも必要ではない!
今や新しいサービスが続々と出ているんです。

英語の勉強を諦めている社会人のあなたでも、今回私が話す内容やサービスを試してみれば、英語に触れることが楽しくなるかもしれません。
まずは、私の英語に慣れ親しんだ方法をお話しますね。

私の勉強法はコレ!

英語の勉強法は人それぞれで、いろんなサイトで勉強法なども紹介されています。

私は英語を勉強する気になることから、どこから手をつけていくかという道順も重要だと思うんですよね。

私が追った順序に沿ってご紹介しますね。

1.まずは、自分が興味を持てる種類を知る

私の一番最初の英会話教材は「グレース・ザ・キャット」という当時フェリシモで発売されていたカセットテープ教材でした。

もう15年前くらいなので、カセットテープという懐かしいフレーズ(笑)。

これは普通のOLの主人公まやが、友人訪問のためにアメリカに行き、様々な人との出会いを通して英語をマスターするというものです。

英語を覚えるという目的ではなく、あくまで主人公が体験することを追っていくので、勉強感覚ではなく物語を楽しみながら、よく使える英語表現を学べます。
(※残念ながら、現在はもう販売されていませんが、コンテンツとしては全編があるサイトで公開されています。興味があればご覧になってください。)⇒グレース・ザ・キャット 全ストーリー

私はこれでまず、「興味があることなら英語のフレーズって覚えられる」と実感しました。
つまり、私は本や映画が好きで、物語形式であれば興味を持って続けられるんですよね。

今でも時々、夜にカセット&CDプレーヤー(古い!)を出してきて、この物語を聞いています。

ただ、現在はこのような日常会話が豊富な物語形式の教材では、あまり良い物語がないので残念です。

2.スマホで英語の勉強をスタート!

さて、今一番身近に始められるのは、スマホアプリでの勉強です。
通勤・通学時間に聞き流すことができることは、大きな利点だと思います。

英語の勉強でリスニングのポイントは、必ず声に出して(電車の中とか街中なら口だけでも)繰り返すこと。
音読することで、暗記しなければという感覚なしに、フレーズが覚えられるようになります。

私が今現在も愛用しているアプリは「TOEIC English Upgrader(イングリッシュ・アップグレーダー)」です。
スマホアプリとしてダウンロードするか、PCからポッドキャストで視聴又は、i tunesに登録も可能です。

English Upgraderの素晴らしいところは、シュチュエーションごとの長めの会話集を英語と日本語の両方で視聴でき、かつ単語やよく使うフレーズも解説付きで聞けます。私はこの教材のナレーターの白石りささんの声が結構お気に入りです。

ただ、このEnglish Upgraderは、中級車や上級者向けでもあり、単語や言い回しなどを勉強するというよりは、「英語を聞くのに慣れる」と思ったほうがよいかと思います。私は物語形式が好きなので、たとえ理解が難しくとも、気に入ったシーンや会話を丸ごと覚えていることがありました。

まさに「スピードラーニング」的、教材と言えます。

⇒English Upgraderサイト
⇒アプリダウンロード

TOEIC対策になるか? という質問には、賛否両論があるみたいですが、私としては無料でこのレベルのアプリ教材は他にないんじゃないかと思っています。

単語や文法もやはり勉強が必要ということで・・・

さて、私も英語の参考書については、正直あまり知識がありません。
大学で配布された参考書と、以下の文法書を愛用しています。

1.言わずと知れた「Grammar in Use(グラマーインユース)」は、英語学習で世界中で評価されている文法書です。

わたしも「バイリンガール」のちかさんの動画を見ている中でこの本について知り、即刻購入しました。

世界中の学校の教科書として使われているだけはある。

ネイティブ感覚の実践的な英語を丁寧な解説と実例紹介付きで学べるうえ、全編英語なので最初はおじけづくかもしれないが、慣れればそれ自体も英語に慣れることにつながります。
解説も英語なのですが、すごくわかりやすいんです。

単語でわからないところがあっても、
「なるほど、だいたいこういう感じで使えってことか。ネイティブはこういう感覚なのね」
ってことが全然理解できる。

本当に解説がわかりやすい!ってところが、この本の最高の部分だと思います。
(購入するときは、問題の解答が載っているものと解答がないもの、CDが付いているのと付いてないものがあるので注意です!)

2.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
これもよく紹介されている有名な本の1つですね。

これを使い出した理由は、英語に関する著書を持つ竹岡広信さんと森沢洋介さんの対談記事を見かけて、その話の中で英語の勉強になにより効果的なのは、「音読」と「瞬間英作文」だと紹介されていたから。

音読は繰り返し聞くことと、自分でも声を出して繰り返すこと。
そして、瞬間英作文は、簡単な短文を自分で暗唱していくことが脳に英文の組み立て回路を作る最短のトレーニングになるという。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は、日本語で問題が羅列されていて、どんどん英語の文を声に出して作っていく。間違っても、どんどんやる。答えを見て、次からはなんとなく覚えている分ができてくる、といった仕組み。

この本は英語がうまくなるとか、リスニングとかではなくて、本当に「英語を文章で話せるようになるための回路を作る」感がすごい。
勉強してるな~って気になりますよ。

3.youtube「バイリンガール」で勉強する(笑)
今でこそ有名になってたくさんの動画がありますが、初期の#1から見るのをオススメします。本当に初歩的な単語や文法などを紹介してくれています。私はこれをノートに取って、初歩的なことを勉強していました。

⇒バイリンガール英会話 #001から見よう!

⇒「英会話の勉強法」の動画で「Grammar in Use(グラマーインユース)が話題に出た回

それと、文法などの勉強にはどうしても、辞書を調べる、発音の仕方を調べる、応用について調べるという作業は必須です。

これは面倒だし時間かかるんですが、本気で勉強するならやっぱり頑張ってほしいところです。

今は辞書を買わなくても、PC一つあればネットで調べれます!
調べたことはノートなどに書いておく&ちゃんと音読しておくのをオススメします。

書くことで覚えられるわけではないですが、ネットで調べるとかPC画面でチェックするのって、実は見づらくないですか? 私は大事な資料とかは必ず印刷します。
PDFでスクロールなんて疲れますもんね。

それと同じで、自主的な勉強でノートに書くという行為は、学校で黒板を写すのとは違ってて、自分が興味を持ったことや、気づいた部分、例文で出てきた知らない単語や、気になった単語の他の使い方を調べて書いておくなど、自分流のノートが出来ます。

それって、見直すときにも見やすいんですよね。
だから、面倒でもノートは取っておくのは、きちんと勉強するときの正攻法かと思います。

だって、これだけIT技術が発達しても、どこの学校や大学でもみんなノート取りますもんね。
この文化がなくならないのって、意味があるからなんですよね、やっぱり。

黒板写すのを写メで終わらす人はいない。
というか、携帯は持ち込み禁止か、使用禁止だろ。

英語をアウトプットするには今はコレ!

さて、とうとうアウトプットについて。
ここまで来ると、あえて英会話教室に通うのもアリかと思います。
もちろん、ある程度の文法やリスニング力を鍛えた上でですよ!

しかし、今は英会話教室に通わなくても、いいサービスがいっぱいあるんです。最初は躊躇するかもしれませんが、慣れるとこっちのが全然いい!自宅で好きな時間に試せます!

1.レアジョブ英会話
知名度が高く、会員数は60万人を誇る超有名オンライン英会話。
なんと1レッスン25分129円~という驚きの価格を謳っているのですが、実際は毎日25分のコースで4200円~となります。(※コースによって価格が違います。5800円~など、教材費込み)
まあ、これでも通学の英会話より断然安いうえに、家でできるので十分にお得。

無料お試し体験は、25分を2回受けられるというもの。
なぜ2回なんだろう?と疑問です。どうせなら3回にしてほしい!まあ、とりあえず2回でも試しますよね。
また、他のオンライン英会話と違って、講師はフィリピン人となっています。
しかし、フィリピンは英語圏なので、まったく問題はないと思います。

その他にも、
無料会員登録から1週間以内に申し込みで、人気のプランが「初月半額」というキャンペーンを随時やってます。
スカイプやチャットでの無料カウンセリングなど、サポート体制が充実してるのは超有名英会話サービスの確固たる証。

この記事はキャリアアップとして紹介しているので、もちろん私のおすすめは9800円/月のビジネス英会話コースです。
あなたの英語力を調べれる簡単診断もあって面白いです。
試してみてください⇒https://www.rarejob.com/pr/quiz/?utm_source=a8&utm_medium=affiliate&waad=GtbVvFuP
レアジョブ英会話

2.ネイティブキャンプ英会話
アプリでとても高評価のオンライン英会話サービスです。
キャンペーンもよくやってますが、無料トライアル7日間はじっくり検討できてよいですよね。

月額5500円で25分のレッスンが回数無制限で受けれます。
「無制限といっても1日1回以上はしないよ~」という方もご安心あれ。
回数無制限というのは、たとえば毎日5~10分を空いた時間に数回行うということも可能なのです。便利!

そしてなにより、ネイティブキャンプの素晴らしい特徴はコースと教材が多彩なこと。なんと15コースもあります。自分に合ったコースを選べるのがいいですね。

ネイティブキャンプ

3.DMM英会話
こちらは、英会話アプリの「i know!」というのを試しに使ったときに、DMM英会話の有料会員になると、このアプリが月々無料で使えると聞いて、検討したんですね。使いやすそうなので、私の候補に入っています。

DMM英会話も1レッスン150円と謳っています。
コース料金はと・・・5980円~1日25分となっています。
無料体験は25分が2回とレアジョブと同じですね。

DMM英会話

今サラ勉強してもなんて思うな

さて、実際のところ多くの人が、
「英語話せるようになりたいとか思ったことあったけど、今さらもう遅いか・・・」
なんて、思っていますよね?

そう思うときには、こちらの別記事を読んでください。
これから年収を上げるには2つの方法を知れ!

これからはスキルを持てば持つほど多様に動ける時代。
今からでも全然遅くないと、私は思います。

今後、社会人が大学に通う記事も追加しますが、大人だからこそ、勉強する気になれば大きな意味があります。 その勉強が大きな財産になる。

転職にも活かせる上に、もし子供がいる人なら、今後子供の英会話教育は必須です! 自分が勉強した知識があれば(失敗談さえ、子供に話せば意味があります)、子供の英会話についてもたくさんの選択肢があることに気付けます。

日本はこれからオリンピックまでに海外旅行者は安定して増え続けます。
英語ができることは仕事を得る上でも大きな武器です。

「やっぱ私には無理だ」と決めるのは、色々試してからでもいい。
まずは身近なアプリから、どうぞお試しあれ!

Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。